2007 アルベルト・コンタドール(アスタナ)

2003年オンセ・エロスキでプロデビュー。デビューの年のツール・ド・ポローニュでいきなり区間優勝を果たす。

しかし、2004年アステュリアス一周レースの第1ステージで突然意識を失い落車、緊急の開頭手術を受けることに。一時は生死をさまよったが、翌2005年1月のツアー・ダウンアンダーで区間優勝、同年3月にはカタロニア週間レースで総合優勝するなど復活のアピールをした。

その後もバスク1周では総合3位、ツール・ド・ロマンディでも総合4位、そして、ツール・ド・フランスでは総合31位の好成績でゴールした。

2006年、ツール・ド・ロマンディでは総合2位、ツール・ド・スイスでもステージ優勝するなど活躍したが、ツール・ド・フランス直前にチームがドーピング疑惑の渦中にまきこまれ、結局この年のツール・ド・フランスは参加できず。

2007年、ディスカバリーチャンネルに移籍。パリ〜ニースでは山頂ゴールのステージで優勝し最終ステージではレベッリンを逆転、総合優勝した。ヴェルタ・ア・カスティーリャ・イ・レオンでも総合優勝を獲得、チームエースの地位を獲得した。

ツール・ド・フランスでは僅差に苦しみながらも、24歳の若さ、2回目のツール・ド・フランス出場で総合優勝を獲得、同時に新人賞も獲得し、史上3人目のツール・ド・フランス総合優勝&新人賞獲得者となった。

サイト内関連記事

2006 オスカル・ペレイロ
2000年ポルタ・ダ・ラベッサ(ポルトガル)でプロデビュー。 2002年にスイ......
1999〜2005 ランス・アームストロング(USポスタル)
ランス・アームストロングはトライアスロンから自転車レースの世界に入ってきた。1......
1998 マルコ・パンターニ(メルカトーネ・ウノ)
パンターニは1992年プロデビュー。デビュー当初はなかなか勝てず、1993年ジ......
1997 ヤン・ウルリッヒ(テレコム)
ヤン・ウルリッヒは旧東ドイツ出身。1986年に東ベルリンのSCディナモ体育学校......
1996 ビャルヌ・リース(テレコム)
ビャルヌ・リースはデンマーク出身。1996年のツール・ド・フランスでミゲール・......
1991〜1995 ミゲル・インドゥライン(バネスト)
インドゥラインは1985年プロデビュー。スペインの名門「レイノルズ」に所属した......

▲このページのトップへ