AGAとは? ハゲや薄毛、抜け毛の予防と対策とは?

AGAとは、男性型脱毛症のこと。アンドロゲン(男性ホルモンの一種)にあるテストステロンが酵素(5αリダクターゼ)と結びつくことでジヒドロテストステロンに変化します。このジヒドロテストステロンが毛包に強く作用することで健康な毛髪の成長を阻害し脱毛を引き起こす原因になることがわかりました。

AGAドックは遺伝子の特定の領域(アンドロゲンレセプター遺伝子)を調べることで、男性型脱毛症を発症しやすい体質傾向にあるかの判定に役立ちます。アンドロゲンレセプター遺伝子にはCAG及びGGCといった繰り返して存在する領域があります。この繰り返し領域が短い人は男性型脱毛症を発症しやすく、長い人は発症しにくいことがわかっています。

またAGAドックの検査では、フィナステリド(医薬品)による治療効果を予測することができます。 このため、ひとりひとりの治療方針を決定する上で有用な検査といえるでしょう。

将来ハゲるんじゃないだろうか・・・

男性なら一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

特に親族に禿げている人がいる場合、なおさらです。

思春期以降、急激に増える男性ホルモンの影響により、遺伝的要素を有する前頭部から頭頂部までの髪が細くなり薄毛化する症状がAGAです。

髪は成長期、退行期、休止期というサイクルを繰り返します。 正常なサイクルでは休止期に入ると髪は一旦抜けますが、成長期に入ると再び活動を始め太く長い髪に成長します。

ところが遺伝的要因でヘアサイクルが乱れてくると・・・

ヘアサイクルが乱れ毛包が細くなる、ミニチュア化現象が起こる

ミニチュア化が進み成長期に移行しない毛が増え毛髪数が減少。

成長期にある髪が少なくなり、退行期、休止期の髪が多くなる。

髪の成長が不十分で活動を休止した髪が多くなり薄毛が進行。

このサイクルが始まると薄毛が一気に目立ち出します。このサイクルが始まる前に自分の髪の体質を把握し対策を打っておきたいものです。

それには、頭髪専門クリニックが推奨する遺伝子検査 が確実です。


サイトMENU

Copyright (C) 2009 AGA遺伝子検査キットのご紹介. All Rights Reserved.